イチジクのフランスパン


ドライイチジクのフランスパンを焼きました。
今回は塩分を抑えて、ドライフルーツの甘さが感じられるフランスパンです。


c0182196_22060299.jpg


材料(2個分)

リスドォル      450g
全粒粉          50g
ルヴァンリキッド   100g
塩(ゲランド)     8g
ドライイースト     1.3g
イチジク       適量
水           340cc


# by photoyell | 2019-01-17 22:07 | ホームメイドのスィーツ | Comments(0)

今年はお正月2日からパンを焼き始めました。
2019年最初に焼いたのは、パン・ド・カンパーニュです。

粉と塩と水だけのシンプルなパンなので、焼くのは難しいパンだと思いますが、
上手く焼ければ粉の良い香りが感じられます。
そしてバターやチーズと一緒に。またサンドイッチにも使える基本のパンですね。

c0182196_20064896.jpg



材料(2個分)
リスドォル      450g
全粒粉          50g
ルヴァンリキッド   100g
塩(ゲランド)     10g
ドライイースト     1.2g
水           340cc

作り方
1.全ての材料をボールに入れてキッチンエイドの低速で4分、高速で6~7分捏ねる。
2.捏ねた生地を90~120分かけて2倍に膨らむまで第1発酵する。
3,.第1発酵した生地を2個に分割する。
4.発酵かごに強力粉を振り、丸め直し表面を張らせた生地を綴じ目を上にして入れる。
5.約50分かけて第2発酵する。
6.オーブンを230℃に温めておく。
7.発酵したパン生地をオーブンシートを敷いた鉄板に返す。
8.焼く直前にクープを入れる。
9.230℃で5分蒸気を加え、22分前後焼き色を見ながら焼く。

*発酵かごが2つない時は、分割した生地を更に2分割してバタールやクッペに成型しても良い。

# by photoyell | 2019-01-05 23:20 | ホームメイドのパン | Comments(0)

A HAPPY NEW YEAR 2019

あけましておめでとうございます。
皆さまにとって良い1年となりますように・・・

c0182196_18222783.jpg

# by photoyell | 2019-01-01 07:49 | others | Comments(0)

T'astous (タストゥー)

今年最後の外食は、南麻布の T'astous (タストゥー)

厳選された素材に美しい盛り付け、その上デザートまで美味しい大好きなお店です。
ディアルレンズ搭載のiPhoneに変えたので、2倍ズームで撮影してみました。クローズアップし過ぎました。


パンプキンスープ

c0182196_17565861.jpg


スモークサーモンの前菜

これがメインのお料理かと思うほど、厚みのあるスモークサーモンでした。
最近のフレンチはタテに盛り付けるのが流行りのようですが、食べる時は横向きにしたくなります。

c0182196_17492864.jpg


クロムツのポワレ

c0182196_17492872.jpg


山形豚ロースのポワレ
これはTataが選んだお料理

c0182196_17492984.jpg


モンブランと青リンゴのソルベ
ここのモンブランはコクがあり、本当に美味しいです。

c0182196_17492861.jpg




# by photoyell | 2018-12-31 18:13 | 外食 | Comments(0)

柚子のパン

ほのかな柚子の香りがする、白くて柔らかいパンを焼きました。
焼き色を付けずに白くしたのは、パン生地に柚子の皮が入っているためです。
そして中には柚子入りの白餡を入れました。


c0182196_20433549.jpg



c0182196_20433526.jpg



c0182196_20433551.jpg


材料
強力粉     500g
砂糖       60g
塩        8g
ドライイースト  10g
無塩バター    40g
卵       1/2個
水(30℃)    250cc
柚子の皮    適量
白餡 (生豆200g)    

作り方
1.強力粉・砂糖・塩・ドライイースト・バター・卵・塩・水をボールに入れて10分ほど捏ね
 (キッチンエイドでは中速で6分ほど)途中で柚子の皮の千切りを加える。  
2.60分ほど2倍になるくらい第1発酵する。
3.18等分(生地で50g)に分割する。(大きさは好きなように)
4.20分ベンチタイムする。
5.生地を丸く伸ばし中心に白餡を入れて綴じ目をしっかり閉じて丸める。
6.50~60分ほどかけて第2発酵する。
7.上に強力粉を振りかけてから150℃のオーブンで焼き色を付けないように16~17分焼く。


白餡
材料
手亡いんげん豆   200g
砂糖(好みの量)
柚子ピール
柚子の果汁

作り方
1.たっぷりの水にインゲン豆を一晩漬ける。
2.柔らかくなるまで煮る。(圧力鍋で4分ほど)
3.砂糖と柚子ピールを加え、水分が少し無くなるまで煮詰め果汁を加える。
4.③をスピードカッターで滑らかにする。
5.18等分に分割して丸めておく。





# by photoyell | 2018-12-18 21:41 | ホームメイドのパン | Comments(0)

基本のフランスパンにドライフルーツのブルーベリーを入れて焼いたものです。
ほのかな甘みが感じられるパンに焼き上がりました。

c0182196_17302422.jpg




# by photoyell | 2018-12-16 11:44 | ホームメイドのパン | Comments(0)

フランスパン バタール

2018年1月からスタートしたフランスパン。
試行錯誤しながら、なんとか2018年暮れに理想とするパンが焼けました。
長かったように思えますが、僅か1年で習得できたとすれば努力が報われたような気持ちになりました。

粉を捏ねるキッチンエイドもプロフェッショナルタイプに買い換え、もう家庭のオーブンでは限界かなと思ったりしましたが、
納得いくまで懲りることなく焼き続けました。

最初はドライイーストから始め、ホシノ酵母、自家製レーズン酵母、ルヴァンリキッドと変わっていきました。
手軽にできるのはドライイーストですが、もっと自然なパンを焼きたいと思うようになり次々試しました。
最後にメゾンカイザーのパンが好きなこともあり、エリック・カイザー氏のルヴァンリキッドを使ったフランスパンに行きつきました。
ルヴァンリキッドはフランスパンだけでなく、いろいろなパンにも使えます。


c0182196_17303472.jpg


材料 バタール (3~4個分)
リスドォル      450g
全粒粉          50g
ルヴァンリキッド   100g
塩(ゲランド)     10g
ドライイースト     1.2g
水           350cc

*水温は室温+粉の温度+水=62℃になるようにします。(機械で捏ねる場合10℃上昇するので)
*冷蔵庫で保存されたルヴァンリキッドは室温に戻す。


作り方
1.全ての材料をボールに入れてキッチンエイドの低速で4分、高速で6~7分捏ねる。
2.捏ねた生地を90~120分かけて2倍に膨らむまで第1発酵する。
3,生地を3〜4個に分けて少し休ませてから成型する。
4.打ち粉をした布に成型した生地を置き、50~60分かけて第2発酵する。
5.オーブンを230℃に温めておく。
6.発酵したパン生地に焼く直前にクープを入れる。
7.230℃で5分蒸気を加え、22分前後焼き色を見ながら焼く。









# by photoyell | 2018-12-13 19:47 | ホームメイドのパン | Comments(0)

パウンドケーキ 2018

今年は栗の渋皮煮が作れなかったので、栗のパウンドケーキは作れないと思っていました。
でもイタリアで買った栗が1袋残っていたのを思い出し、早速これを利用し焼いてみました。
もう1種類は、ブランデーとラム酒に浸けたドライイチジクのパウンドケーキです。

ジュンベリーの鮮やかに紅葉した葉を添えると、秋の深まりを感じられる写真が撮れました。
焼き菓子が鮮やかな赤に負けてしまうかと思いましたが、美味しそうな焼き色で結構主張しています。


c0182196_22111473.jpg



c0182196_22393476.jpg



c0182196_22110266.jpg
  
 使ったのはイータリで買ったマロン



材料(パウンドケーキ型 21x8x6cm前後 2台分)
薄力粉        200g
ベーキングパウダー  小さじ1
アーモンドプードル   60g
無塩発酵バター    200g
砂糖          170g
卵          200g (中4個)
ブランディー     適量
栗          適量
浸込みイチジク(ブランディー・ラム酒) 100g


作り方
 下準備
 *バターと卵を常温にする。
 *薄力粉、ベーキングパウダー、アーモンドプードルを合わせて振るっておく。
 *オーブンは170℃に予熱する。

1.ボールにバターを入れ、ヘラで柔らかくしてから泡立て器でクリーム状にする。
2.砂糖を2.3回に分けて入れ泡立て器で白っぽくなるまで、空気を含ませるように混ぜる。
3.溶き卵を数回に分けて入れて混ぜる。
4.ブランディーを入れる。
5.振るっておいた薄力粉・ベーキングパウダー・アーモンドプードルを混ぜる。
6.生地を2当分する。
7.一方の型に生地を半分ほど入れて栗を並べ、残りの生地を入れて中央部分を窪ませる。
8.もう一方のに生地を半分ほど入れてイチジクを並べ、残りの生地を入れて中央部分を窪ませる。
9.170℃のオーブンで45~50分前後焼く。

Point
*風味の良い発酵バターがお奨め。
浸込みイチジクは水分を切り、強力粉を塗しておくと生地に沈まない。
*焼き加減はクシを刺して、生地がクシにつかなければ焼き上がり、
 少しつくようだと5分程焼き時間を延長して様子をみる。



# by photoyell | 2018-12-07 23:19 | ホームメイドのスィーツ | Comments(0)

東京駅

海外に旅行する時に必ず利用する空港と中央駅。
中央駅は町の中心的存在なので写真に撮って記録していますが、東京の中央駅に当たる東京駅は利用はするのに写真を撮ることを忘れています。
新丸ビルに行くことがあったので、5Fのレストランから撮影しました。
カメラを持っていなかったので、新しく購入したiPhoneXsでパノラマ撮影と通常撮影です。


c0182196_20030360.jpg



c0182196_20030361.jpg


# by photoyell | 2018-11-24 20:07 | 旅行 | Comments(0)

Paris 2018

今回のパリはイタリアの帰りにピカソ美術館と、ルイ・ヴィトン美術館に行くのが目的の4日間でした。
2012年からの6年ぶりのパリは少しずつ変化しているように思えました。
2024年のオリンピック開催に向けて、更に交通や街は進化し続けると感じます。

シャルルドゴール空港でのシルバー優先と思われる椅子。

c0182196_20595093.jpg


メトロで日本の紹介のポスター espace Japon

c0182196_20595035.jpg


c0182196_20595089.jpg


c0182196_20595046.jpg


2012年5月末から1ヶ月滞在した時に利用してたPASTEUR

c0182196_20595086.jpg


毎日通ったPasteur 駅前にあるパン屋さん La Boulangerie du 37
パリで一番美味しいと思っているパンが、どうしても食べたくて行きました。期待通りの美味しさでした。

c0182196_21061827.jpg


パリ左岸の高級デパート、ル・ボン・マルシェ
見ているだけでもワクワクするディスプレイ、特に食品が充実しています。

c0182196_21061994.jpg


c0182196_21261876.jpg


c0182196_20595050.jpg


マレ地区
c0182196_20594992.jpg


c0182196_20594936.jpg


トロカデロから見たエッフェル塔

c0182196_21061921.jpg

レ・アルのレストラン

c0182196_20595077.jpg


c0182196_21061829.jpg



















# by photoyell | 2018-11-21 21:40 | 旅行 | Comments(0)