アートのあるティータイム

「いつもよりちょっと贅沢な午後を愉しむための紅茶」というコンセプトで発売された紅茶は、銅版画家 大坪麻衣子さんによるもの。
麻衣子さんらしく箱の中のイラストもヨーロッパの雰囲気が漂います。

c0182196_9153529.jpg


紅茶が好きで世界中のお茶を知ってる彼女には、ふさわしいお仕事ですね。
コーヒーと違って紅茶などのお茶は香りとゆったりとした時を愉しむもの。
そしておいしいお菓子があれば、主役はお菓子でお茶は脇役でそのお味を引き立てるもの。おかれた立場をわきまえてるところが、謙虚な麻衣子さんと重なります。
by photoyell | 2008-12-13 18:00 | アート | Comments(0)