雲丹のおすし

食材の中で一番好きな物はと聞かれたら、迷わずに「うに」と答えると思います。
残念なことにうには、高級な食材のイメージがあり、日常使いにはできません。
年末におすしやさんで食べたうにがおいしかったので、うちでも作ってみたかったのですが、デパ地下のうには高級で、スーパーのうには見た目にも品質が落ちるので作る機会がありませんでした。
でも今日お買い物に行ったCOSTCOで、手軽な価格のおいしそうなうにを見つけたので、夕食はおすしに決まりました。
にぎりすしを作りたいのですが、家族が少ないと品数も限られるので、食べたいものに限定して作ることにしました。それで帰り道、高島屋まで穴子を買いに寄りました。

c0182196_21434191.jpg

材料(4人分)
うに     2パック
穴子     4匹
卵      3個
はんぺん   1/2枚
むき小えび  80g
すし飯    3合
海苔     適量(3cm幅にカット)
調味料:みりん 酒 砂糖 塩

作り方
1. 鍋にみりん大さじ2 酒大さじ6 砂糖大さじ1 水少々を入れて煮立たせて、
  下処理した穴子を入れて弱火で10分位煮る。穴子を取り出し煮汁を煮詰める。
2. むきえびは湯がいておく。
3. はんぺんと②のえびをフードプロセッサーにかけてすり潰しておく。
4. すり鉢に③を入れて徐々に解した卵を入れて、みりん大さじ1 酒大さじ2
  砂糖小さじ2 淡口しょうゆ小さじ1/2 塩少々で味を整える。
5. 卵焼き器に薄く油を引き、④を流し入れ弱火で蓋かアルミ箔で覆って、10〜20分
 くらい、表面が乾いてきて少し焦げ目がついてきたら、裏返して少し焼く。
6. すし飯を一口大の大きさにし、煮穴子1匹を1/3に切ったものをのせ握る。
7. ⑤の厚焼き卵は適当な大きさに切り、一口大のすし飯の上にのせて握る。
8. 一口大のすし飯の周りに海苔を巻き、上にうにを盛り上げる。

すし飯の作り方
1. お米は洗ってザルに上げ30分おいてから、鍋に水3カップと昆布を入れ炊く。
2. 合わせ酢(酢 80cc 砂糖 大さじ4 塩 小さじ2.5)を作る。
3. 飯台(木のすし桶)に炊きあがったごはんをあけ、合わせ酢を全体にかけ
  切るよう にして混ぜる。
4. うちわであおいで蒸気を飛ばすと、べたづかず、艶のあるすし飯ができる。

Point
*うにはすし飯にのせた物でも良い。(私はこちらの方が、うにのみの味がしてすき)
*厚焼き卵はロール状にしてすし飯を包んでも食べやすい。

厚焼き卵をロールすしにして、お皿を洋風にするとカジュアルな盛りつけになり、ワインをいただくときにも。

c0182196_22295862.jpg

by photoyell | 2009-01-17 21:43 | 和食 | Comments(0)